はじめに

お客様がハウスクリーニングをご依頼される時、

どんな会社で、
どんな人が来るのか、
どんなお掃除をしてくれるのか

当然この3点が一番気になる事ではないでしょうか?

それらの「?」について、ご説明させて頂きます

どんな会社?

●事業者名

アクシスクリーン(AxisClean)

●管理者

●住所
茨城県土浦市

●営業エリア

茨城県:土浦市、つくば市、つくばみらい市、守谷市、取手市、石岡市、牛久市、龍ヶ崎市等。

千葉県:柏市、我孫子市等。

その他の近隣市町村も承りますので、ご相談ください。

●お支払い方法

現金で作業完了後をお願いいたします。

●キャンセル

作業予定日2日前のキャンセルは料金の50%

前日及び当日のキャンセルは料金の100%をキャンセル料としお支払いして頂きます。

どんな人?

ハウスクリーニング作業員が「一体どんな人が来るのか心配」と言った不安を解消する為にも少し自己紹介をさせて頂きます。
どんな感じ?どんな顔?どんな趣味?年齢はいくつ?などなど・・・。
ハウスクリーニングをご依頼される前のご参考にして頂ければ幸いです。

【生年月日】
平成
【趣味】
パソコン、釣り、ドライブ
【好きな食べ物】
すき焼き、マロンケーキ
【嫌いな食べ物】
激辛料理

【一言】
大手フランチャイズではなくて、個人のハウスクリーニング店です。
個人店ならではのきめ細かいサービスや柔軟な対応を常に行いお客様目線でのお掃除を行います。
タバコは一切吸いませんので、臭いの気になる方もご安心ください。
お酒は体質に合わない為飲めません、昔ひどい目に会った為禁酒しています、少し残念です。
このホームページを通じてたくさんのお客様にお会いできるのを心より楽しみにしております。

どんな掃除をしてくれるの

アクシスクリーンは風呂釜洗浄をメインにした専門業者です。

そしてこれらは『衛生的に保ち大切な家族や快適な住まいを提供できる』と思い、風呂釜追い炊き配管洗浄作業からビジネスをスタートをしようと考えました。

ハウスクリーニングの作業で一番大切なことは『安心・安全な洗剤で作業すること』です

洗剤に関しましては直接メーカーや問屋等に数十社に問い合わせをし、お客様にとって安心・安全なものを選択しました。このことは私たち作業する者にとっても重要なことです。

フランチャイズや大手会社の属している方は指示されたものを使っていますからこの苦労はありません。自分で納得するまで調べましたので、選択した洗剤には自信があります。

低価格で良質なサービス提供

何故、風呂釜洗浄をメインにしたのでしょうか?それについて説明します。

毎日生活をしていくと、必ず何かしらゴミが出ます。

私たちは普通に生活しているだけで身の回りは少しづつ汚れていきます、これは避けては通れない事です。

今ではインターネットが盛んになり一般の方でも頑張ればプロと変わりないレベルまで可能になりました。私は手が届き目立つ場所の掃除なら業者にお願いする気にはなれません、自分でも作業ができます。このような場所ならハウスクリーニング業者にお願いする必要性があまり感じられないと思うのです。

だから私は通常のハウスクリーニング業者ではほとんど作業していない「風呂釜洗浄」をメインにした作業をすることにしました。これらのサービスについて調べたところ他店の料金があまりにも「高すぎる」思ったのです。

風呂窯洗浄って何故、こんなに高いのだろう?

もっと低価格で提供できないの?

何故?多くのハウスクリーニング店が低価格で提供できないのか?を調べてみると、その何故?が理解できました。

私ならそれらの何故を解消するには自分でやるしかないなと思い独立開業をしました。

仕事に対しての思い

多くの同業のハウスクリーニングの中から、当店をご指名して頂いたお客様には全力でお応え致します。

仕事に関しては『常に顧客目線で誠実に接し、喜ばれる仕事を第一とする』このことを忘れないで頑張りたいと思います。

たかが掃除、されど掃除ですが、私はこのハウスクリーニングという職業をこよなく愛し、「アクシスクリーンに頼んで本当に良かった」と、お客様が心から喜んで頂ければ何よりも幸せです。

そうしていく事により信頼関係が生まれ、良い評判を得たり、自然と他のお客様を紹介していただいたりして発展していく。

仕事とはそうやって広がっていくものだと考えています。

ロゴマークへの思い

アクシス(Axis、軸)とクリーン(Clean、掃除)の頭文字、全体的には先進的・近未来的・技術を磨くイメージしたデザインになっています。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

お気軽にお問い合わせください

受付時間 9:00-18:00 [年中無休]
現場作業中は折り返しご連絡させていただきます。
000-0000-0000